Twitterはじめました! フォローお願いします!
グルメスイーツ京都旅行

【京都スイーツ】みたらし団子発祥のお店

グルメ

和スイーツとして誰もが知るみたらし団子。実は京都発祥なのだそう!

発祥の地ならではのみたらし団子がいただけるとのことで、実際に行ってみました!

みたらし団子は下鴨神社でうまれた

京都にある世界遺産の1つである下鴨神社。

流し雛や流鏑馬神事など多くの神事が行われ、最近ではチームラボさんとコラボしてイベントも開催されていて、多くの人でにぎわっている印象がありますね。

境内は糺ノ森に囲まれていて、一歩足を踏み入れれば非日常な空間が広がり、個人的にもすごく好きな場所!

ぬぴ(妻)
ぬぴ(妻)

ストレスが溜まった時にはよく森林浴しに来ていました(笑)

さて、境内には御手洗池(みたらしいけ)と呼ばれる池があります。

ここでは土曜丑の日に平安時代から続く御手洗祭が行われているのですが、昔は露店が並んでいて、串に刺したお団子が売られていたのだそう。

そのお団子は御手洗池で湧き上がる水泡をかたどったものなのだそうですが、このお団子こそが皆さんご存知みたらし団子!

いつからか、御手洗池にちなんでみたらし団子と呼ぶようになったのだそうです。

実は、みたらし団子を漢字にすると「御手洗団子」

漢字を見ても御手洗池が由縁であることが分かります。

普段は水が流れていないのですが、神事が行われる土曜丑の日が近づくと水が湧き出るのだそうです。不思議ですね!

加茂みたらし茶屋

このみたらし団子が、下鴨神社から徒歩1分のところにある「加茂みたらし茶屋」でいただけます!

和の雰囲気漂うお店♪

実際のみたらし団子がこちらです。

ぬぴ(妻)
ぬぴ(妻)

お団子は香ばしく、たれは甘めでめちゃくちゃ美味しい!!!

ここのみたらし団子は、こんな風に1つだけ離れているのですが、これには2つの説があると聞きました!

1つが先ほど団子は水泡をかたどったものと書きましたが、水泡が湧き上がった際、最初に1つ浮かび、しばらくしてから4つ浮かんだためという説。

もう1つが、先の団子を頭、残りの4つを肢体とし、人間の5体を表していると言う説。

面白いですね!

こちらのお店にはみたらし団子以外にもいろいろな和菓子があるので下鴨神社周辺に行かれる際は一度足を運んで見てはいかがでしょうか?

■加茂みたらし茶屋基本情報


住所:京都府京都市左京区下鴨松ノ木町53

電話:075-791-1652

アクセス:京都駅から市バス「4系統」または「205系統」乗車約30分、「下鴨神社前」下車徒歩すぐ
京阪電気鉄道「出町柳駅」から徒歩15分

詳しい店舗情報はこちら!

以上、みたらし団子発祥のお店でした!

タイトルとURLをコピーしました